秋の始まり、初めての燕岳(2020/9/21)

トレッキング

2020年9月21日(月曜日・敬老の日)に燕岳に登った。初めての燕岳、初めての北アルプスでとても楽しみだった。

登山口を目指して

事前情報では、登山口近くの駐車場はとても混むとのことで、夜10時過ぎに自宅を出た。2時頃有明山神社に着くと誘導の方が立っていて、すでに登山口付近の駐車場は一杯で神社に駐車して4時半に出るバスに乗って登山口に向かうべし、とのことだった。こんな夜中にも関わらず3、4人の方が案内しているので大変ありがたい。

バスの時間までは仮眠して、4時頃着替えてバスへ。1300円支払い、乗り込んだ。バスは4台ぐらいいただろうか。全員乗れるだけ手配してあるとのことだ。

5時過ぎに中房温泉登山口に到着。トイレを済ませて5時25分ごろ登り始めた。

ごった返す中房温泉登山口

合戦小屋まで

中房温泉登山口から第一ベンチ

登山口からいきなりの急登。まだ薄暗い中を、つづらに折れてズンズン登る。あっという間に標高が上がり、温泉小屋の赤い屋根が足元に見える。すぐに息が上がる。無理せずに、ウォーミングアップのつもりで一歩づつ登っていく。

第一ベンチの道標

第二ベンチまで

まだまだ急登は続く。だんだん夜が明けて、雲越しに太陽が見えるようになってきた。道はよく整備されていて、急登の割に登りやすい。大変ありがたい。標高が上がってくると土から風化した花崗岩の砂に変わってきた。

6時20分頃第二ベンチに到着。

第二ベンチの道標

第三ベンチまで

第二ベンチを過ぎると少し緩やかな道が増えてきた。徐々に木々の隙間が空いてきて、眺望が出てきた。気づくとすでに雲の上にいる。その上の高いところにも雲があるのだけれど。

木々の間から雲海が覗く

6時45分頃、第三ベンチに到着。小休憩でベンチに座る。だんだん体が動くようになってきた。

第三ベンチの道標

富士見ベンチまで

ときおり見える雲海を横目にひたすら登る。再び急坂になった気がする。

7時25分頃、富士見ベンチに到着。富士山が見えるかと思ったけど、厚い雲に覆われ眺望はなかった。歩き始めてから2時間。なかなか良いペースで来ている。

富士見ベンチの道標

合戦小屋へ到着

富士見ベンチを過ぎたあたりから、高いところにあった雲が晴れてきた。日も徐々に高くなり、周りの山も明るく照らされるようになってきた。すごいところに来たもんだと、早くも思う。

大天井岳ですかね
合戦小屋まであと5分に励まされる
合戦小屋に到着

8時、合戦小屋に到着。登るにつれて徐々に気温が低くなってきたのか、立ち止まると汗が冷えて寒い。

ベンチに座り一休みしつつ、昼飯に食べる予定の尾西の五目ごはんに水を注ぐ。いつも待っている時間がもったいないから、途中で水を入れ、チャックを閉めて持ち歩く。1時間ぐらいで食べられるようになる。水を少し多めに入れるのが好み。お湯を入れてフライングしちゃうより全然美味しいと思う。

トイレの手前にあるナナカマドの赤い実がきれいだった。写真を撮ったはずなのに見当たらない。。。

合戦小屋から燕山荘を目指す

合戦小屋からはなだらかな登りといった感じ。高い木も減ってきて、眺望は素晴らしいの一言。写真を取りながらだと全然前に進めない。全然前に進めないので、山頂でもっと素晴らしい景色が拝めると言い聞かせ前に進んだ。

このあたりから槍ヶ岳がひょっこり頭を出してきた。写真はぐっとこらえて、のつもりだったけど、また写真を撮ってしまう。この日、何枚槍ヶ岳の写真を撮ったことか。。。

ひょっこり槍ヶ岳。紅葉のしかかりも美しい。

合戦沢の頭

小屋から合戦沢の頭まで、本当に短い距離なんだけど、どれだけ写真を撮ったことか。八ヶ岳、南アルプスが雲から頭を出していた。携帯のカメラではズームに限界がある。良いカメラがほしいなぁ。ちゃんとズームできるのがほしいなぁ。

八ヶ岳だと思う。携帯カメラのズームの限界。

合戦沢の頭ではようやく燕山荘が見えた。この高さまで来ると紅葉も始まっていて、素晴らしい眺めだ。ようやくゴールが見えたのだけど、手前の傾斜を見てちょっと怖気づく。あれを登るのか。。。

目指す燕山荘が見えた!
お供え物みたいなものが乗った三角点。

ようやく燕山荘

燕山荘の手前までの道は緩やかな尾根道。いつの間にか高い木がなくなり、ハイマツが多くなってくる。燕岳の東側斜面の木々はまだ緑で、少し黄色い葉があるか、というぐらい。今年は紅葉が遅いのかなぁ。紅葉したらきれいだろうなぁ。

燕岳の東側斜面と東餓鬼岳

よく見ると左側は切れ落ちていて急な崖になっている。一箇所、鎖場がある。それほど難しいところではないのでヒョイッと渡るが、よく見るとかなりの高さで怖かった。

燕山荘到着

9時5分、燕山荘到着。最後の階段を登りきると正面に裏銀座の山々がドーンと並ぶ。圧巻の一言。燕山荘前のベンチに腰掛けてしばらく惚ける。なんなんだろう、ここは。山の名前は知らなくても、景色は間違いなく素晴らしい。ここまで歩いてきた苦労が報われた気がする。来てよかった。晴れてて良かった。

裏銀座を一望

見どころいっぱいの山頂までの道

休憩もそこそこに、山頂を踏もうと燕岳を目指す。日帰りの荷物だけれど、みんなデポして向かっているみたいだから、真似して荷物をおろして向かった。荷物を下ろすと嘘のように体が軽い。稜線が気持ちいので小走りで山頂に向かった。

イルカ岩

しばらく行くとイルカ岩。これはすぐに分かった。槍ヶ岳をイルカの右にするか左にするかで散々写真を取る。そんなことが非常に楽しい。

イルカ岩

メガネ岩?

次はメガネ岩だ、と歩いていたが、東側からモクモクとガスが上がってきて、あっという間に真っ白になってしまった。雲に入ると非常に寒い。トレランの人たちがペースを上げて体を温めていた。自分も先を急いでいたら、メガネ岩を見逃してしまった。いつの間にか山頂だった。

真っ白。

燕岳山頂

9時40分、山頂についたが、真っ白で眺望もないので三角点だけ写真を取り、すぐに降りてしまった。今思うと、山頂標識を見ていない。何という失態。まぁ良いか。登ったのは確かだし。

山頂の三角点
山頂は順番待ち

再びのメガネ岩

山頂を下り始めるとみるみるうちに雲が晴れていく。なんだか悔しいけれど、メガネ岩を見逃しているので、探しに行く。雲が切れだして、何人か写真を撮っていたのですぐに分かった。眼鏡の中に燕山荘を収めるべく角度を変えて撮影した。雲がいい感じ。

途中、ハイマツの中から雷鳥らしい鳴き声が聞こえたのだけれど、こんなに人が多くては出てこないよね。姿は見えず。

メガネ岩越しの燕山荘

燕山荘でお昼ごはんとブラリ

燕山荘前の石像の裏あたりに場所を取り地面に座り込んでご飯を食べた。流石の人気の山だけあって、ベンチは人で一杯。雲は下がったといっても、時々上がってきて寒くなるので、風向きも気にしながら、となると場所取りが難しい。まぁ雲を眺めながらご飯を食べよう、ということで東を向いてご飯。雲を眺めながらのご飯もなかなかオツ。

『山男の像』畦地梅太郎 作 
空も飛べるはず

ご飯を食べて、燕山荘の裏手に周ると、表銀座縦走路がよく見えた。いつかここを歩きたい。

雲の流れを見ていると、東から雲が迫ってきて、反対の谷を吹き上がってくる風が雲を追い返しているように見える。谷からの風が弱くなると雲の勢いが増して、あたりが白くなる気がした。

表銀座縦走路。大天井岳はギリ雲の中。。。

そして燕山荘越しの燕岳。テン場も見える。このあたりは人が少なかったけど、こんな素晴らしい景色見ないなんてもったいない。なんだか日本じゃないみたい。いつか燕山荘にも泊まりたい。

燕山荘越しの燕岳。この旅一番のお気に入りの写真。
大きな道標

旅の終わり

14時15分に帰りのバスがあるみたいなので、それを目指して11時に下山を開始。尾根道がガスって展望がないので、比較的緩やかな合戦小屋までは走っていこうと、小走りで駆け下りる。なかなかスリリングで楽しい。正直、ピストンは好きではないのだけど、登りと下りではまた違う雰囲気で楽しい。

合戦小屋を過ぎたあたりから膝が怪しくなってきたので、ゆっくりと下る。急坂の下りで右足の親指にマメができたみたいだ。それでもペースを保って下る。中房温泉の赤い屋根が見えたときはものすごくホッとした。緊張していたわけではないけど、初の北アルプスを無事登って帰ってこれたことで安心した。

結局、写真も撮らずに来たので、2時間半で登山口に到着。時間があったので温泉に入ろうかと思ったけど、車に着替えを置いてきたので諦めた。どこかの温泉に立ち寄ろう。

素晴らしい天気に恵まれ、大満足の北アルプスデビューとなりました。

本当の帰宅

この日、4連休の3日目。どうやらどの観光地もものすごい人出だったらしく、帰りの高速が大渋滞。温泉に入ったあと、16時頃安曇野インターから高速に乗ったけど、帰宅したのは朝の5時半。途中仮眠はしたけど、2日合わせて睡眠時間は4時間ほど。なかなかタフな旅でしたが、それも含めて楽しい旅でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました