メスティンの鏡面仕上げ

没頭

メスティン(の蓋)を鏡面仕上げにした。とにかく、何も考えずに没頭できるものを探していて巡り合った、金属の鏡面仕上げ。事前に色々みたら、必要なのは「根気」だけと言われていたけど、どうしてなかなか奥が深い。

手元にきれいにしたいメスティンがあったので、手始めに磨いてみた。蓋だけ。

手順

耐水ペーパーで荒く磨く

まずは#400ぐらいのペーパーでガシガシ磨く。表面の汚れや大きなキズを目立たなくしていく。メスティンはアルミなので、よく削れる。手が真っ黒になる。スマホに触りたくないので写真はない。

コンパウンドで磨く

#2000のダイヤモンドコンパウンドで磨き出す。今思えば、ここでもう少ししっかり磨いておくべきだった。後の細かい番手では消せない大きな傷を消しておかないと。

#2000で磨いたあと。まだまだくすんでいる。

徐々に目を細く

#4000から、あまり削れている感覚がなくなる。でもコンパウンドはみるみるうちに黒くなっていく。感覚がないまま、ひたすらこすり続ける。これだね。無の境地。これを求めてたんだ。僕は。

磨き続けているうちに、コンパウンドの溶液が飛んで、重くなってくる。希釈液があればもう一度伸ばせるのかしら?コンパウンドを足すまでもないし、迷うところ。まだ希釈液は買っていない。

#8000を経て、#10000で仕上げ

本当は#100000まで用意してあったのだけど、どうしても大きな傷が消えず、今回は#10000で終わることにする。それでも顔が映るくらいピカピカにできた。

用意したコンパウンド。

次は何を磨こうか

とにかく、これは数をこなさないと上達しない気がする。ちまちましたいからコインかなぁ。この動画とか憧れる。とにかくピカピカにするために磨き続けたい。

令和二年硬貨 1円 5円 10円 50円 100円 500円 日本の貨幣 2020年

コメント

タイトルとURLをコピーしました